大阪のサロンで全身脱毛をしました

明らかに友人よりも多い毛の量

明らかに友人よりも多い毛の量 : 大きな目標のために頑張れた : 堂々と肌を出せてうれしい

物心ついた時からずっと、私は自分の毛深さに頭を悩ませてきました。
友人と比較すると明らかに毛深く、それがとても恥ずかしくて仕方ありませんでした。
学生の頃は夏になると半袖の制服になるため、腕の毛が目立ってしまいます。
なるべく人に毛を見られないようにしようと、どんなに暑くてもカーディガンなどの長袖を着ていました。
プールの授業は本当に憂鬱で、様々な言い訳をしてできる限り見学するようにしていました。
毛のことを考えると自然と気持ちが暗く沈み、友人と話をしていても私の毛を見ているのではないかという気分になってしまい、楽しく会話に集中することができませんでした。
剃刀を使用した自己処理を欠かすことはできず、それでも満足のいくような毛の処理をすることはできませんでした。
友人の中には体質なのか毛の処理を一度もしたことがないという人もいて、それが心から羨ましかったです。
もし私の毛が薄かったら、もっと前向きな気持ちになれて明るくなれたかもしれないと考えると、毛に翻弄されているようで悲しかったです。
このままでは好きな人ができても付き合うこともできないと思うと、この先の人生を悲観してしまいました。
大学生になっても毛についての悩みは消えず、このまま何もせずに悩んでいるだけは時間がもったいないと決意して、まずはアルバイトでお金を貯めて、資金が貯まったら全身脱毛を受けようと決心しました。

| 脱毛なら美容皮膚科リゼクリニック